音楽教室

音楽ビジネスコース開設予定|岐阜の音楽教室

更新日:

音楽で生きていく!!

音楽を仕事に

”好きなことで、生きていく”

というとどこかネットで聞いたようなフレーズですが、
一般的には音楽を仕事にしていくという事は難しいと言われております。

しかしそれは、なぜか・・・。

・音楽の才能がない??

・音楽の仕事がない??

・田舎だから仕方がない

それは違います。私自身、大学を卒業して以来15年程音楽の仕事に携わっておりますが、音楽の仕事は一定量あります。そして、様々なところに需要があります。
ただ、近年ネットの普及によりCDが売れなくなったり、時代の変化と共に音楽の仕事の形態も多少変化しつつあります。

 

一般的な音楽の仕事

よく言われる音楽の仕事とい言っても、多種多様な形態があります。

以下はその代表的なものです。

【演奏家、ミュージシャン】
フリーの演奏家、オーケストラの団員、バンドマン、スタジオミュージシャン、デモンストレーター等

【講師】
音楽大学、高校音楽科、専門学校、音楽教室、部活の専属コーチ等

【音楽制作】
作曲、編曲、録音、楽譜制作、浄書等

【その他】
イベントのプロデュース、マネージメント

ここに挙げたのは一部の仕事ですが、これ以外にも数多くの音楽に関わる仕事があります。

AI(コンピューター)、オンラインサービスで音楽の仕事はなくなる?

昨今、AIなどの人工知能の出現やオンラインサービスなどで、「10年後になくなる仕事」というのが話題になっておりますが、音楽の仕事に関してはさほど影響はないかと思います。

実際、音楽教室に関して言えば、人間が楽器をマスターするまでの過程をコンピューターが指導することは、到底不可能だと思います。
もちろん、音程や強弱の矯正など簡易なチェックはできるでしょうが。
音楽は外面的な要素はもちろん、内面的な要素もあり、個別ケースにより指導法も千差万別です。

さすがに50年後のAIと、もなるともしかしたら、スーパーコンピューターが出現しているかもしれません。

またオンラインサービスも、音楽教室などがオンラインレッスンを始めておりますが、実際の音楽教室に通う体験と同等のものを得られるには、まだまだ時間がかかりそうです。

 

”音楽”と”仕事”の密接な関係

「良い音楽家=仕事が多い」とは、限らないのが今の現状です。
正確に全ての音楽に当てはまらないかもしれませんが、今のオリコンチャートを見てもほとんどがアイドルグループで埋め尽くされています。

要は音楽よりビジュアルだったり、他の要素が求められていることが多いです。
それが良いか悪いかは置いておいて、それが今の日本の需要と供給という事はわかります。

この需要と供給は、もし今後音楽の仕事を仕事を続けていく方にとって、大きくのしかかる問題です。先に書いたアイドルの話だけでなく、音楽の仕事にはクライアント(発注者)とコントラクター(受注者)がおり、需要と供給の関係で仕事が成り立っています。

そして、このバランスをうまくとっていければ、音楽の仕事を続けていく事ができるかと思います。

なお音楽には芸術という側面もあり、必ずしも全てが需要と供給の関係だけではないことも記しておきます。

 

音楽の仕事の難しさ

私の身近なところでも、音楽の道を諦めてしまった方が多くいます。音楽的に才能がなかったという方は少ないです。しかし、ビジネスの仕方を知らなかったという方は多かったかもしれません。

それは音楽のビジネスの仕方は、誰も教えてくれないからです。

周りの方が教えてくれない理由は、

”本当に知らない”

”手法がありすぎて伝えきれない”

”教えたくない”

などあるかもしれませんが、ビジネスを知らないばかりに音楽の道を諦めてしまうのは本当に残念な事です。

 

例えば、お寿司を一皿食べようと思った時に、あなたはいくら払いますか?

回転寿司なら100円から

高級寿司であれば、1,000円、2,000円なんて事もあるかもしれません。

 

では、演奏を頼まれてあなたはいくら請求しますか?

結婚式の演奏で10分の演奏で・・・。

正解はありません!!

しかし、相場はあります。

交通費、楽譜代、楽器のメンテナンス費用、練習にかかる費用、演奏料金、伴奏者の謝礼などなど数々の経費を計算して、料金を決めなければなりません。

 

最低限のツールを持つ

パソコンはもちろん、スマホの活用も欠かせません。インターネットの活用なしに、ビジネスを進めていくには、必要以上の労力がかかります。

twitter、facebook、instagram、you tubeなど様々なSNSを利用していき音楽の仕事につなげていきます。

 

音楽ビジネスが学べるのは大学・専門学校だけ?

現在音楽ビジネスが学べるのは、ほとんどが音楽ビジネスコースがある音楽大学や専門学校のみです。その他は、個人的に音楽を仕事にしている人に聞くしかありません。音楽を仕事にされている方は、日々の業務に追われ、なかなか時間も取りづらいのが現状です。

そこでシャルテ音楽教室では、今回音楽ビジネスが学べるコースを開設する運びとなりました。

音楽ビジネス塾(仮称)

対象は、これからプロを目指す方、音大生、専門学校生、高校生など。もちろんプロの方も歓迎です。

・ホームページを作りたい。

・自分の名前を検索しても、1ページ目に出てこない。

・もっと自分の演奏をたくさんの人に聴いてほしい。

・インターネットを音楽の仕事に活用したい

お問い合わせ

-音楽教室

Copyright© シャルテ株式会社 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.