音楽教室

音楽大学・音楽高校受験コース|岐阜の音楽教室

投稿日:

音楽受験対策はお早めに!

岐阜の音楽教室で音楽大学・音楽高校受験コース

音楽大学・音楽高校受験には様々な対策が必要です。専科の楽器・技術の訓練はもちろん、音楽の知識の習得も必要になります。その中でもソルフェージュは、小さい頃からピアノ教室に通っていたという子でも、やった事がないという子が多いです。

ソルフェージュとは、一般的に”音感、リズム感”と言われる音楽の能力(トレーニング)です。

音楽教室、ピアノ教室では、楽器・ピアノの練習が中心となり、なかなかソルフェージュにまで時間を取る事が難しいのが現状です。現在では、簡単なソルフェージュを混ぜながらのピアノレッスンも多くはなっておりますが、受験を検討されている方には専門の受験コースをおすすめいたします。

「受験対策はいつから?」という質問もよくありますが、早ければ早い方が身につくのも早くなります。受験1年前に駆け込みでという場合もありますが、楽器の練習とソルフェージュでタイトなスケジュールになります。ソルフェージュの能力は、一度つけるとすぐ忘れてしまうものではないので、早いうちに習得しておけば受験時に楽器の練習時間を多くとれる事になります。

 

音楽受験には必須科目のソルフェージュ

岐阜のシャルテ音楽教室で音大・音高受験対策

音楽大学、音楽高校受験には必須のソルフェージュ。具体的には、以下の3つがあります。

  • 新曲視唱
  • 聴音
  • 楽典

新曲視唱とは、初めて見る楽譜を楽器で音を出さずに歌う事です。
楽器で演奏する場合は、初見奏とも言われます。

聴音とは、音を聞いて楽譜にする事です。一般的には耳コピ(耳でコピーするの略)とも言われます。
受験では、ピアノで4〜8小節の単旋律を書く事が多いです。

楽典は、ズバリ音楽の基礎となる音楽理論です。楽譜、音符の読み方に始まり、和音の役割や、曲の構成など様々な事を学びます。

 

ソルフェージュは学校や音楽教室では教えてくれない?

岐阜のシャルテ音楽教室

学校の音楽の授業で学べる音楽は、最低限の部分のみです。音楽教室ではより専門的な知識も得られますが、音楽大学・音楽高校受験では更に専門的な知識・能力が求められます。そのため、音楽大学・音楽高校受験に対応してない音楽教室もあります。

シャルテ音楽教室では、実際の音楽大学や音楽高校、専門学校で指導する講師も多数在籍しておりますので、受験対策にも役立ちます。

全国の音楽大学・全国の音楽高校の受験に対応します。

〜岐阜近郊の音楽学校一覧〜

岐阜県の音楽大学(音楽科がある大学)

大垣女子短期大学(音楽総合学科) 岐阜県大垣市西之川町1-109
岐阜聖徳学園(学校教育課程) 岐阜キャンパス : 岐阜県岐阜市中鶉1-38
羽島キャンパス : 岐阜県岐阜市柳津町高桑西1-1
東海学院大学(こども音楽) 岐阜県各務原市那加桐野町2-43

岐阜県の音楽高校

岐阜県立加納高等学校 岐阜県岐阜市加納南陽町三丁目17番地

 

愛知県の音楽大学(音楽科がある大学)

愛知県立芸術大学 愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114
名古屋音楽大学 愛知県名古屋市中村区稲葉地町7-1
名古屋芸術大学 愛知県北名古屋市熊之庄古井281
金城学院大学 愛知県名古屋市守山区大森2-1723

愛知県の音楽高校

名古屋市立菊里高等学校  愛知県名古屋市千種区星が丘元町13−7
桜丘学園桜丘高等学校 愛知県豊橋市南牛川2丁目1−11
同朋学園同朋高等学校 愛知県名古屋市 中村区稲葉地町7-1
愛知県立明和高等学校  愛知県名古屋市東区白壁2丁目32番地6号

 

 

音楽大学・音楽高校受験コースのお問い合わせ

音楽受験でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください♪

購入・レンタル予定

-音楽教室

Copyright© シャルテ株式会社 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.